アイスクリームの発送梱包

POINT保冷/廃棄しやすい

今回は”紙製発泡緩衝材”を使用した事例のひとつ、大山乳業農業協同組合様のアイスクリームの化粧箱をご紹介したいと思います。
アイスクリームなどの要冷凍、冷蔵品が発泡スチロールに入れてある場合、廃棄の際にかさばって処理に困ってしまう、ということはありませんか?

そこでご紹介したいのが、発泡スチロールにかわる梱包用”紙製発泡緩衝材”です。

daisen1

”紙製発泡緩衝材”のメリット

  1. オリジナルデザインのアイス用パッケージが可能!!
  2. 廃棄処分しやすい!!(コンパクトに折りたたみでき、可燃物で廃棄可能!)
  3. 企業イメージのアップにつながる!!(①②によって)

”紙製発泡緩衝材”+化粧箱なら、様々なデザインに対応することができ、また可燃物として処分可能で廃棄にも困りません!!!

daisen3

このように、上下左右やわらかい”紙製発泡緩衝材”で覆われることにより、カップと化粧箱の摩擦を防ぐことができます。また、”紙製発泡緩衝材”は発泡密度が高く、空気を多く含んでいるので発泡スチロールと変わらない保冷効果を発揮します。ワンダーボードが、緩衝材と保冷の2つの役割を果たします。

今回の化粧箱は、アイスカップ・シャーベットの12個入(6個×2段)仕様で、上からみるとこのようになります。

daisen3.jpg

パッケージデザインも、発泡スチロールよりもステキなオリジナルデザインができます。
皆様のお客様に対する想いや、商品イメージを具現化することができます。

daisen4444-thumb-270x216-993decorationz-thumb-270x176-999

この”紙製発泡緩衝材”は、紙とコーンスターチ(トウモロコシのでん粉)を水蒸気発泡させた商品です。可燃ごみとして処分でき、発泡スチロール並みの軽さです。

このような環境配慮型商品は、経済的で環境にやさしいだけではなく、企業のイメージアップにもつながります。

laber

大山乳業様は、このように環境に配慮したパッケージを使用していることをケースに記載しPRしておられます。

CONTACT US

0852-22-2665